NO MUSIC FIGHTER

ライブレポ90% CDレビュー10%

GOATBED / COALTAR OF THE DEEPERS@東京キネマ倶楽部

両方好きなので両方たのしゅうございました。石井さんありがとうございました。

f:id:haru1207:20170420095254j:plain

2017/4/14 fri
GOATBED / COALTAR OF THE DEEPERS
at 東京キネマ倶楽部
open 18:15 start 19:00
¥5,000

出演アーティスト

セットリスト

GOATBED
  1. MUSK CAT
  2. COSMOCALL FIELD
  3. BELLA-DONNA
  4. de SLASH
  5. 1205
  6. Hard Liminal
  7. OPENING CEREMONY
  8. DEAD ZEPP
  9. SLIP ON THE PUMPS
  10. T-B-P-T
  11. DAMMED THING IN THE RAIN
  12. ROSE & GUN
  13. Only finally there is free END
  14. My Speedy Sarah(COTDカバー)
COALTAR OF THE DEEPERS
  1. how smooth
  2. Zoei
  3. Wipeout
  4. Dear Future
  5. Swimmers
  6. Dl++
  7. Receive Assimilation
  8. SUBMERGE
  9. C/O/T/D
  10. Aquerian Age
EN1
  1. Dead By Dawn
  2. hyper velocity
  3. Silver World
EN2
  1. Killing An Arab

ライブの感想

どちらも好きなので大変楽しみにしていたイベント。
実際とても楽しかったです、行けてよかった。

スタンディングのキネマ倶楽部はプラツリ裏インクぶり。いつもの習性で上手に赴くと、雄次さん機材が鎮座していたので今日は石井さん下手にいるのかーと思う。カリガリ好きな人向けの配慮かな。

ちょっと前のゴート銀座で宣言されていた通り、ゴートからスタート。

GOATBED

サポートドラムは北野愛子さん。
セットはシンプルだけど癖のあるリズムを小気味よく鳴らしていて、すごく気持ちよかった。ベラドンナのリズムとかめっちゃ好き。岡本さんがパワフルで迫力があるのに対して、北野さんはタイトに締まっているイメージでした。どちらも曲の印象が変わって面白くて好きです。

前回がわりと変わり種な公演だったので、今回はサポートドラムが入りつつも、いつものゴートだなという感じで安定感のある楽しさでした。
ゴートは石井さんがよく動いているのでなんとなく石井さんを目で追ってしまいがちなのですが、今回はあんまり見えなかったのもあって、ひたすらドラムと映像を見ていました。ドラムはさっき書いたとおり気持ちよかったし、ゴートは映像も好きなので、連作映画を観ている気持ちで楽しめました。セットリストもよかった!

石井さん、「みなさん、ゴートベッド見たくないとかディーパーズが見たいとかあると思いますけど、俺が誘わなかったら今回のライブはありませんでしたからね。俺に感謝してください」と言っていました。笑 感謝しかない……。「さっき楽屋でNARASAKIさんにMCで言ってもいいよと言われたから」って言ってました。
あとは「今ディーパーズはメンバーに友だちがいるから」ともおっしゃっていました。友だち笑。おともだちは一人なのか二人なのか。終演後のツイーヨを見る限りでは二人かな。

最後「Only finally there is free END」を歌い終わったあと、石井さんが話し始めました。

秀「(雄次さんに向けて)もう帰っていいですよ(笑)(捌ける北野さんに向けて)サポートしてくれた北野愛子さんです。ありがとうございました」
秀「ディーパーズのトリビュートアルバムが出るなら参加したい。そんな気持ちで作ってきました。…歌わないよ?俺もう帰るから」

なんて言ってmacのスイッチを押した石井さんがニヤニヤしつつ捌けるなか、誰もいないステージに流れ出したのはGOATBEDカバーの「My Speedy Sarah」!
これがめっちゃよくて、連動して流されたバレリーナの映像もよくって。ディーパーズのときNARASAKIさんが「音源欲しい」と言っていたけれど、フロアもほしいよー!売ってよー!

いつだったかDISHもカバーでお皿の歌を選んでいた気がするので、みんなお皿の歌が好きなんですね。わたしも好きです。あーほんとよかった、また聴きたいな!売って!

石井さん、イベント情報解禁時にこんなことをおっしゃっていて、実際のライブも愛とサービスに溢れていてとっても楽しかったです。ディーパーズがまた引きこもったら、今度はビートゴッドで引っ張り出してください。よろしくお願いします。

COALTAR OF THE DEEPERS

転換中のSEはずっと雨の音。
転換作業はスタッフさんたち皆さんパキパキ動いていてかっこよかったです。
サウンドチェック中にシンセの諸田さんが「Wipeout」イントロの三味線をちょっとだけ試したので、「Wipeoutがある!(すき)」と転換中から一人で勝手に盛り上がっていました。

で、「how smooth」からしっとりと始まったんですが、始まった瞬間から怒涛のようにただただひたすら楽しくって、もうほとんど記憶がないです……。途中までは中山さんのギター見たりもしてたんですけど(ツーフィンガーで指弾きとか他ではほぼしないからガン見しちゃう)、後半はほんと記憶がないです。大好きな曲がバシバシ演奏されて楽しくてワチャワチャしていたらライブが終わっていました。個々の音に意識を向けるとか、そんな状態じゃなかった。MCもほとんど覚えてない。「DEAR FUTURE」は音源に入っていない鍵盤の音が印象的だったような記憶がうっすらと残っています。

唯一ちゃんと覚えているのはEN2。EN1のラスト、「Silver World」に合わせてNARASAKIさんがメンバー紹介してみんな捌けて行ったのですが、ステージに残った諸田さんが「Killing An Arab」のイントロを弾き出して。数回繰り返したところでKANNOさんが出てきてステージ袖で腕で大きく×を作っていたから「ダメかな?」と思ったのですが、最終的にはみんな出てきてくれました。NARASAKIさんいわく、「それやられちゃったら出ない訳にはいかないでしょ」とのこと。で、そのまま「カバーですが」と前置きしてアラブやってくれました。楽しかった。ほんと楽しかった。

ライブが久しぶりすぎるとライブだっていうだけで楽しくって楽しい以外の感想が消滅して「たーのしー」しか言えなくなる……。ある程度は理性を保ったまま楽しみたいので、今度はここまで間を空けずに次をやってくれると嬉しいです。前回ってUNIT?手刀?いずれにしても2年ぶりくらいだと思うけど(もう覚えてない)、1年に1回は観たい。

覚えてるやつだけMCのメモ。

楢「GOATBEDのMy Speedy Sarahよかったですね。音源ほしい」

楢「告知がない。(フロア「えー」「ラビットはー?」)うるさい!出す、出すよ、いつか。チッ(舌打ちw)」

楢「(C/O/T/Dの前に)Akiraからです」
明「(オフマイク)曲名言ってくれるんじゃなかった?」

楢「(Dead By Dawnの前に)春といえば、つくしんぼ。つくし、……つくしんぼって言いますよね?」他メンバーにも「春といえば?」と振って「つくしんぼ」と言わせていました。
楢「春といえばつくしんぼ。春といえばゾンビ。あのMVゾンビっぽいですよね」

とても楽しかったです、満足。
終演後はカリガリ組がついったでなんやかんや呟いていました。お疲れさまでした。

中山メモ

チェブと黒くてピカピカしたレスポールぽいワッシュバーンのやつを持ってきてました。たぶんどちらもプラ春ツで使ってないやつ。アンプの上にはKemperが鎮座していました。Wipeoutまではチェブ、それ以降はちょいちょい持ち替えてた、のかな?ほとんど見えてないし記憶にありません。まあでも重めの曲はチェブだったんじゃないでしょうか。
服はザッパTをお召しになっていました。ちなみにKojiさんはピンクフロイドでした。