NO MUSIC FIGHTER

ライブレポ90% CDレビュー10%

Plastic Tree|2017年春ツアー「念力発生」@甲府CONVICTION

フィニーーーッシュ!!!!!

f:id:haru1207:20170501164109j:plain

2017/4/30 sun
Plastic Tree
メジャーデビュー20周年“樹念”ツアー「念力発生」
at 甲府CONVICTION
open 16:30 start 17:00
¥6,500

セットリスト

  1. 1999
  2. サイレントノイズ
  3. 讃美歌
  4. 君はカナリヤ
  5. 退屈マシン
  6. みらいいろ
  7. creep
  8. 嬉々
  9. メランコリック
  10. 静かの海
  11. 念力
  12. hate red, dip it
  13. マイム
  14. デュエット
  15. さびしんぼう
EN
  1. 藍より青く
  2. 春咲センチメンタル
EN2
  1. スラッシングパンプキン・デスマーチ

ライブの感想

とても楽しいライブでした。ただただ無心に楽しかった。
初めて足を運んだ甲府CONVICTION、大好きな箱になりました。また機会があったら行きたいな。

この日は10分押し程度で開演。相変わらず押してはいるんだけど、20分押しが通常営業じゃなくなっただけでも嬉しいよ……。
セットリストは新潟と同じ。開幕は「バルーン」より「1999」の方が好き。キラキラひかりが立ち上っていくような、拡がっていく・開いていく・上昇していくという感覚が1曲目にピッタリだと思う。やっぱりアルバムの1曲目はライブの1曲目としてもしっくりくる。

CONVICTION、キャパの割に音響がよくって、かなり演奏がクリアに聴こえて嬉しかったです。中山さんのテンションも高くて、この日は全体的にギター超カッコよかった。「デュエット」とかなんなん?神さまなのかな?かっこよすぎて拝みそうになったよ。

でもこの日いちばん印象に残ったのはドラムかなあ。「讃美歌」のアウトロとかめちゃくちゃかっこいい。屋台骨としてのベースといい意味でかるーいギターが好対照で音を支える中、完全にドラムが主役で。ステージがわりと高かったから佐藤さんもしっかり見えたんだけど、すごくいい表情で叩いていて本当にかっこいいなあと思いました。
あと「マイム」のアウトロのドラムも印象に残ってる。あんなとこに三連符入れてた?聴いたことないよ、初めてだよ!めっちゃかっこいい。この日の演奏は全体的に、いかにもライブ然としていて熱かったです。勢いがあって、とっても魅力的だった。

ごく個人的なトピックとしては、今回のツアーで「嬉々」と「スラッシングパンプキン・デスマーチ」が好きになりました。あまりにキャッチーすぎて苦手だった(味の濃い食べものを口の中に詰め込まれて、おいしいけど勘弁してみたいな感覚)のですが、ライブが楽しくて楽しくていつの間にか好きになっていました。
こういうのって「ライブに通うこと」で得られる理想的な変化だなあと思います。ここ最近初見ではしゃいで飛び跳ねるみたいなライブにたくさん出会っていたせいで、「特定のアーティストのライブに通うことはイコールで新鮮さを喪失することであって、アーティストに対する馴れや惰性、甘えが生まれる可能性があり、音楽の楽しみ方としてある種不誠実なのではないか?」ていうバカみたいなことをよく考えていたんですが、通うことで得られるものもあるよなあとこのタイミングで実感できて嬉しかった。

本日のマイム、……は、よくわかんなかったです。なにか小競り合いしてたけど、あれなにしてたの?とりあえず有村さんが中山さんにちょっかいは出していました。

MCうろ覚え書き

竜「やあやあ山梨。甲府に初めて来ました。信玄餅ですね」
客「たべたー?」
竜「それに答える義務はないですね」塩対応

竜「風林火山。疾きこと風の如く、林……そんな感じでやりまーす。それではPlastic Tree念力、……なんだっけ?」
フロア \(?!)発生ー!/
竜「ああ、……念力発生風林火山、はじまりはじまりー」
正「普通ツアータイトル忘れるかなあ」正くんが素な感じで呆れてて笑ったw

正「甲府といえばワイン。俺ワイン好きでよく飲むんですよ。ワインとか出てこないのかなあ……(下手袖をガン見)今はいいけど、アンコールで出てきたりしたらいいですね。最近アンコールは飲みながらやったりしてるんですけど、でもへべれけにはなってないよ!演奏はちゃんとしてるよ!」ワインわりとガチめにほしがってた笑

竜「甲府は初めてなんですよ。初めてじゃないのかな?何かで来たっけ」
客「リリースイベントで来ました。ありがとうございます」
竜「あ、こちらこそありがとうございます」お客さんがすごく丁寧でしっかりした感じで発言されたので、有村さんが仕事相手と話すみたいな感じで腰が低くなってた。笑

竜「(静かの海のあとのMCで)喋りづらい。ここにMCを入れたのは間違いでしたね(笑)」
竜「(念力発光器を持って)甲府の皆さん、これは、東京で大変流行っているものです。老若男女みんな使っています」
竜「今日はペンライトは自由に使ってもらっていいです。入りだけそろえてもらえる?こう、デーデーデデーデーデーデデータンタカタカタカーン!バッ!みたいな。……ごちゃごちゃ言わない!君たちにとっては新鮮な「念力」でも、俺たちは毎回やってるんだ!変化がほしい笑」
スロウダイブのカオスリロンのときみたく、口でバンドの音を表現してくれてるんだけど、全然わかんない。笑 イントロのサイレンみたいなギターが鳴り始めるあたりから上げてほしかったみたい。実際に演奏が始まったら、ベースが入る前からペンライトを上げていた人を「そこ!」て指さして下ろさせていました(笑)ね、念力発光器警察だ~!使い方を間違えると逮捕されるぞ~!

健「(ENに1人でビールを持って出てきて)栓抜きがないんですよ。手で開くかな?(と言って手で開けようとする。やめて怪我する…!)」
客「開けてー!」
健「おっ、煽ったね!」結局大人だからやめようみたいな流れになっていました。ほんとやめて~……怪我したら泣くからね(;_;)

健「楽屋でね、みんながちょー気持ちいいー!て言ってました。こっちの話なんですけど、モニターの音もよくて、クリアでね。初めて来た会場なんで、やっぱり興味があってみるんですよ。ステージとか、こーなってるんか、へえ~みたいな。アキラさんもフロアとかうろうろして見てましたよ。それでね、ずっと練習しとるね。ウォーミングアップ。おいは弁当食べてました。いいやろ別にー!」
客「何弁当?」
健「から揚げ弁当~」

健「山梨の人ってどれくらいいるんですか?(フロア、1/3くらいかな?が手を挙げる)おお~。東京の人は?(同じく1/3くらいかな?)東京の人は何で来たの?」
客「電車!」「あずさ!」「かいじ!」「バス!」「車!」ガヤガヤ
健「あずさ?狩人?明日~わた~しは~旅に出ま~す~♪ 東京からは近かった?」
客「遠い!鈍行三時間半!」
健「鈍行?!そこは頑張ってよ!……もうちょっと頑張ってよ!」佐藤劇場楽しい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°ツアー終了後も続けてほしいな~

正「(中山さんが透明なカップ、正くんがビールを持って出てきて)地ビールがおいしいね。これは…(ビールの名前を読み上げてくれたんですが、忘れてしまいました……)ワインはなかったんだけど、なかちゃんはシャンパ*1飲んでる」
中山さんニッコニコしながら舐めてました。だいじょぶかな…?とちょっと心配していましたが、この日はふにゃふにゃになったりはしないで最後まで普通にしてました。

竜「甲府は山が綺麗ですね。東京からこっちに来て、綺麗だなあって。富士山もあるし。富士山って知ってますか?」
フロア \知ってる~笑/
竜「富士山は静岡にあるという説もありますが、(フロアを見て)……山梨ですよね!富士山は山梨のものです!僕は反骨……長いものには巻かれる主義なので、静岡で同じことを言うとは限りませんが(笑)富士山は山梨ですよね」反骨じゃないじゃん笑
有村さんが喋っている間、佐藤さんが中山さんにビール飲ませてあげて、これうまいね~みたいな感じで雑談してました。かわいい。

竜「(藍より青くでめっちゃゆっくりイントロを弾いて遊んでいる明を指さして)ここがいいところ!」知ってる知ってる笑

竜「(告知で)パシフィコ横浜で特別公演やります。第一幕【Plastic】things/1997–2006、『Puppet Show』。第二幕【Tree】songs/2007–2016、『ネガとポジ』。どのアルバムも思い入れがあるんですが、この2枚は核となったようなアルバムなので、再現というか徹底的に追及したいと思っています。音も、世界観も」
これ、高崎もなんですけど、有村さんがアルバムの「再現」じゃなくて「追及」だ、って言ってくれたことがものすごく嬉しかったです。彼の、言葉の細部まで気を配ってくれるところ、解釈に対する細やかな配慮があるところ、できるだけ自分の意図を正確に伝えようと心を砕いてくれるところが本当に好きです。再現という言葉にはかなり戸惑いもあったので、嬉しかった。大好きだよ。ありがとう。

竜「(EN2で)俺もケンちゃんも正くんも話疲れちゃったので、あらゆることでトリと言われているナカヤマさんに喋ってもらいます」
明「ゴールデンウィークですね。皆さん予定もあるでしょうに、初日に我々Plastic Treeを選んでくれてありがとうございます。次の曲で最後となります」
フロア \えー!!!/
明「イヤだろう。そのイヤだという気持ちをもって、中野とか横浜に来てくれたら俺たちはこんなに告知をしたりしなくていいんです!でも告知しなくなったら、あいつら喋んないから行くのやめよ~とかなって来なくなっちゃう笑 ちゃんとやるよ!マメで有名なPlastic Treeです!」
竜「雑だけどね笑」
明「マメで雑なPlastic Tree(笑)とにかく次で最後なので…」
フロア \えー!!!/
明「フィニッシュ!フィニーッシュ!」なにこれw
明「そのイヤという気持ちを忘れずに中野と横浜に……何回このくだりやるんだよ!フィニーッシュ!やるぞ!うぇ~い(超バカにしたやる気ない感じで煽りだすw)」
最終的に、なかさまに「うぇ~い、うぇ~い」と適当に煽られて「スラッシングパンプキン・デスマー?」\チ!/という半端な掛け合いから曲に突入しました。うぇ~いとかマジで言われたの初めてなんですけど笑

竜「(スラパン後メンバーみんなで愛想を振りまいて、中山さんと佐藤さんが帰っちゃってから、正くんを捕まえて)初めて来た場所ですから、リーダーが挨拶してください」
正「俺が?」
竜「(頷いて下手袖に引っ込む)」
正「さよなら~。さよならぷらすてぃっくとぅり~(大きく手を振る)」かわいいw
正「初めて来れてよかったです。次に来れるのはいつかなあ……約束はできないけど、また来ます!ありがとうございました!」
最後はハートをとばしながらご退出されました。ガッツリ〆てくれてかっこよかったです。ハートとばしまくっちゃった。

会場について

キャパ350。
最寄り駅は南甲府駅、徒歩20分くらい?
わたしは甲府駅から歩いて行って40分くらいでした。道はわかりやすいので迷子にはならないと思う。雨だったら悲惨だけど、歩くのは好きなので別に苦ではありませんでした。雨だったら駅前でタクシー捕まえるしかないかな。

アクセスは上記のとおりあまりよくないのですが、それ以外はとてもよかった。
普通の地方の小箱、くらいのイメージで言ったら、ステージはわりと高いし、横長で見やすいし、なにより音響が想像よりずっとよかった。かなりクリアで聴きやすい環境でした。
ドリンクカウンターはフロアの外にあって、交換しやすいしゴミも捨てやすい、重度の渋滞にもなりにくい。前日のclub FLEEZが動線最悪の音響微妙だったので、余計に感激してしまいました。

敷地が広くて駐車場も併設されてる。待機は駐車場の一角、番号を呼び出されたら入る感じ。物販やクロークは、建物の外に運動会の天幕みたいなものが設置されていて、そこでやっていました。
両隣がマンションなので、迷惑をかけないように騒がしくしないでさっさと帰るのが吉。

いいライブハウスだったので、また来たいな。今回は休みが取れなくて泣く泣く日帰りで帰宅したのですが、次は休みもガッチリとってワイナリーめぐりと併せて遊びに来たいです。好き。

ギターメモ

カナリヤ、静かの海、さびしんぼう、春咲がJM
スラパンは黒マット
他は有刺鉄線

宇都宮、春咲を有刺鉄線で弾いてたように見えたのは勘違いなんじゃなかろうかという気がしてきました……。

2017年春ツアー「念力発生」別日レポ

*1:地産のものだと思うので、たぶんシャンパンではなくスパークリングワイン(シャンパンはシャンパーニュ地方で作られたものだけを指します)(クソリプ

広告を非表示にする