読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO MUSIC FIGHTER

ライブレポ90% CDレビュー10%

Plastic Tree|2017年春ツアー「念力発生」@高崎club FLEEZ

上手にパパがいました。赤子をあやす過保護なパパ。

f:id:haru1207:20170501120525j:plain

2017/4/29 sat
Plastic Tree
メジャーデビュー20周年“樹念”ツアー「念力発生」
at 高崎club FLEEZ
open 17:30 start 18:00
¥6,500

セットリスト

  1. バルーン
  2. フラスコ
  3. 讃美歌
  4. アローンアゲイン、ワンダフルワールド
  5. テトリス
  6. サイレントノイズ
  7. creep
  8. 嬉々
  9. メランコリック
  10. 静かの海
  11. 念力
  12. ムーンライト―――。
  13. マイム
  14. デュエット
  15. さびしんぼう
EN
  1. リプレイ
  2. 春咲センチメンタル
EN2
  1. Ghost

ライブの感想

地方を経てプラツリが関東に帰ってきたので、1か月ぶりの念力ツアーに行ってきました。
ツアー1516本目、後半戦。かなりセットリストが変わっていて、受ける印象が様変わりしていて面白かったです。
個人的に開幕で「バルーン」というのがピンと来なかったのですが、好きな曲なので演奏してくれたこと自体は嬉しかったです。「バルーン」はベース聴いちゃう。歌ってるみたいですごく気持ちいい。この曲は音と詞が分かちがたくぴったりと重なるから大好き。

久しぶりだったからか、今一つ自分のノリをプラに戻すことができなくて、そこまでのめり込めなかったのですが……とりあえずツアー中盤からアンコールでやり始めたときいていた「Ghost」が無事聴けたので満足です。歌詞は間違ってたけど♡
あとは、「讃美歌」とか「静かの海」とか、ツアー序盤からやり続けている曲の安定感がすごいなと思いました。安定感って言っても落ち着いているとか小さくまとまっているとかそういう感じじゃなくて、バシッとしたバンド感がありつつもぶれない、ロックバンドらしい勢いと精緻さが両立している、そんな感じで。カッコよかった。
「マイム」もよかったなあ。リリース以降ライブの定番曲としてほぼ毎回やっているからか、この曲も余裕があるし、遊び心たっぷりで楽しい。

全体の流れとしては、序盤にやっていたセトリの方が緩急があって好きだなーと思いました。こっちのver.だとじっと聴き入るシーンが多くて、大きめのホールでやるならいいけど、ライブハウスにはあんまり向かないんじゃないかなあ。
あ、でも「念力」からの「ムーンライト―――。」はすごくよかった。「ムーンライト―――。」もテンポこそ速くないもののかなりエモーショナルな曲だし、デジタルな要素もあるから「念力」の後にはぴったり。……でもやっぱり「ムーンライト―――。」もホールで聴きたいかな~。ライブハウスならヘイトがいいな~。念力からのヘイトも同じくらいピッタリだし……。

あ、そうそう、「さびしんぼう」の歌がとってもよかったです。最初の弾き語りのところ。“もう”の歌い方が儚くて切なくて、染み入るようにグッときました。

本日のマイム

“もう秘密~♪” で有村さんが中山さんの唇に人差し指で秘密ってして、そのあと衣装の着物みたいな袖で中山さんに目隠し、中山さんはしばらくジタバタしたのち、のれんをくぐるみたいに片手で袖をめくって顔を出していました。かわいい。

MCうろ覚え書き

竜「高崎いつぶりですか?」
客「11年ぶり!」
竜「俺、前回来たとき指の骨折ったんですよ。でもマイクは持てた。だけどライブが終わってお弁当を食べようと思ったら箸が持てなかった」

竜太朗さんも正くんも、高崎はロックの偉大な先輩たちを生み出した聖地だから胸を借りて~みたいなことを話していました。

竜「今日はなかちゃんがちょくちょく布袋さんのフレーズを混ぜていくはずです」

竜「(念力前に)今回のツアーはペンライトを配っています。一回押すと光ります。この状態をAとします。もう一回押すと点滅します。これをBとします。そして真ん中からこっち(下手)を右、こっち(上手)を左とします。わかりましたか?」
フロア \わかったー!/
竜「(正くんのアンプ上から、なぜか赤く発光しているのり太朗を持ち出してお立ち台に置く)…見えないか。じゃあ…(お立ち台に立って、ステージ天井のどこかに置く。どっちも見えないw)」
フロア \見えなーい/
竜「(無視)(下手側に)1番はどれがいい?」
客「C!」「D!」CとかDってなんなの~?
竜「本当だな?じゃあCで。2番はDで。こっち(上手側)は、1番はA」
上手フロア \はーい/
正「こうやって分けるのもいいけど、全体が一緒というか、一体感があるのもいいよね。初心に帰ってみんな同じにしてみない?」
竜「そしたら俺が一生懸命説明した意味なかったですね!楽屋で言ってほしかった……(笑)これ(分けたり変えたりするやつ)言い出したのなかちゃんですけど、いいの?」
明「(オフマイクで)いーよー」
最終的に、この日の「念力」はみんなで点灯パターンになりました。フロアを分割して1番と2番で変えてってやつ、やったことなくてちょっと楽しみにしていたので残念かも。笑

健「(ENでビール片手に一人先に出てきて)ドラム全然見えんやろ?(かなり低いので。確かにほとんど見えなかった) 途中ちょっと拗ねてました。……いやいや、嘘ですよ!一生懸命やりました」
客「歌って―!」
健「ドラムでいっぱい歌ったやろ?(ドヤ顔)……さむっ!笑」
健「シンバルをひとつ増やしました。でも使わなかった…」
健「高崎は11年ぶりということで、初めまして佐藤ケンケンです!佐藤健太郎としては来たことあるんですよ。その辺散歩したりしました。今日は佐藤ケンケンとして来れて嬉しかです」
健「(下手袖にいるらしいメンバーに向けて)出てきてよかですよ!!……楽しそうですねえ!」

佐藤劇場は下手袖でメンバーから見守られていたようです。
途中1回「出てきてよかですよ!」って言ったけど出て来なくて、またしばらく佐藤さんが喋ってくれて、最終的にちょっとキレ気味でもう1回「出てきてよかですよ!!!」て言っててかわいかったです。笑

出てきたメンバーは黒い大きな達磨を持っています。
佐藤さんが(だったかな?)達磨を有村さんの顔の前にかぶせて、だるま太朗みたいになってて面白かった。有村さんものっかって、いつも自分の頭ワシワシするときみたいに達磨の頭をかいていました。

竜「club FLEEZさんからいただきました。作法に従えば、先に左に目を描いて、願いが成就したら右目も入れるんだそうです。いつ右目に入れるかはともかく、今日左目を入れようと思います」
墨の入った紙コップと筆を持ってきていたので、筆で書くんだと思いきや、紙コップに直接指を突っ込んで指で目を描いていました。最初はちょんと触っただけの超ちっちゃい目。笑
正「つぶらな瞳ですね笑」
有村さん、また指でちょっとだけ目を大きくして、最終的には結局筆を使って塗っていました。使うんかい笑
中山さんが達磨を持っていて、塗り終わったら立てて見せようとしてくれたんですが、結構べったりと塗ったらしくて「あぶねえ!」ってなってました。垂れる。

竜「(紙コップと筆をフロアの方に突き出して垂らす真似)」
フロア「!(さっと割れる人垣。有村さんが出てきてみんな避けるっていうシチュエーション見たことないのでちょっと面白かった笑)」
竜「やりませんよ、まさかー。まさかそんなー(棒)」
明「やるぞこいつは。」経験者は語る感があってウケた(笑)わたしもまじでやりかねないと思いながら見てた……( ◠‿◠ )

その後は延々と告知タイムなんですが、その間ずっと中山さんがだるまを抱えて墨を乾かそうとフーフーしてて、その御姿が完全にパパでした……。ステージに赤子をあやすパパがいるんですけど!
ちょうどだるまのサイズが大きめの赤ちゃんくらいだったんですよね。フーフーしてるときは顔を覗き込んであやしてるようにしか見えなかったし、照明に近づけて熱で乾かそうとしてるときは高い高いしてあげてるようにしか見えなかったし、クリアファイルやら念力発光器やらで仰いで乾かそうとしてるときはおもちゃで遊んであげてるようにしか見えなかった。完全にパパ。100%間違いなくパパ。これはフロア全員がそう思ったはずだ。
パパは最終的におめめの乾いたお子さんをフロアに見せびらかし、自分のデスクにスペースを作って置いてあげ、シンバルを叩いても倒れないかドラムとの間も調整し、念力発光器を立て掛けてライトアップしてあげていました。親ばかか笑

竜「(告知中、フロアが高い高い状態のパパを見てクスクス笑っているので)彼には彼の仕事があるんですよ!俺には俺の仕事がある。……すみません、ヘアメイクさんドライヤーもらえますか?笑」
明「(オフマイク)いいよー、これ(照明)で乾かすから」

竜「ゴールデンウィークでしょ?9連休なんだよね?」
客「そうだよー」「ちがーう」
竜「ああ、いろんな人がいるんですね。俺なんか休みないですけどね。いや、休みよりライブの方が楽しいからいいんですよ」

竜「今日はみんながライブハウスにわらわら集まってくる時間、豪雨だったみたいで。でも俺らは前日入りしたんだけど、そのとき雹が降ってきたんですよ。そしたら、なかちゃんバカだから窓開けて手出して「いてえ、いてえ」って言ってるの。商売道具ですよ!(手)」
正「動画も撮ってたよね(笑)」
竜「動画は俺も撮った」

「こいつはやるぞ」とか「なかちゃんバカだから」とか、仲いい男子学生同士がお互いを貶しあってじゃれてるみたいな感じがあってスーパーキュートでした。はーかわいい。かわいいしかない。

あとは有村さんがドラム&佐藤さんボーカルでボウイの曲(NO NEWYORK?らしいです)をカバーとも言えない感じでガチャガチャ鳴らしたりしていましたが、佐藤さんは歌詞覚えてないしみんなガタガタだしでひどかったです。笑
明「だって俺7弦だよ?(Ghost前だったので)」
正「俺もちょっと難しいんだよね……」
竜「中学二年生レベル笑」

そうそう、恒例のありぽんさんの去り際オフマイク一言が「ドリーミー」だったんですが、これはBOØWYの何か?なのかな?何回か言ってた気がする。

会場について

高崎駅から徒歩10分くらい。ビルの地下。呼び込みは階段上。
キャパは400くらいなのかな?

とにかく動線が最悪で、もう二度と来たくないと思いました……。
フロアへの入り口が上手後方なんですけど、ドリンクカウンターは下手前方。しかも縦長のフロアは前方と後方がPAブースで完全に分断されており、前方への移動は両脇からしかできない。番号が悪くてほぼ最後尾で観ていたので、ドリンクカウンターまで行くのがだるすぎてドリンクチケットは使わずに帰りました。

立派なPA卓があるわりには、音もべつによくなかったし。宇都宮とか埼玉も好きじゃないし、今ツアーで北関東のハコに苦手意識ができてしまいました。

 

ぶっぱーんは直前のニコ生で中山さんが宣伝していた黒いTシャツとバッジを買いました。ちょろいあきら海月なので、中山さんが宣伝するとたいがいのものは買います。

f:id:haru1207:20170501120556j:plain

ギターメモ

静かの海・さびしんぼう・春咲がJM
Ghostが黒マット
その他は有刺鉄線

2017年春ツアー「念力発生」別日レポ

広告を非表示にする