読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO MUSIC FIGHTER

ライブレポ90% CDレビュー10%

2017年春の遠征日記|東京→新潟→長野→東京の移動&ごはんの記録

あんまり熱心に遠征する方じゃなくって、交通機関のこととか遠征先のおいしかったお店のこととか忘れがちなので、未来の自分用に日記を残しておきます。
遠征した当時の記録なので、プランとかお値段とかその他もろもろは現在のものを調べてみてね。

2017/3/11~2017/3/12 東京→新潟→長野→東京

Plastic Treeの2017年春ツアー「念力発生」で、新潟公演&長野公演のために弾丸遠征してきました。
もともとこの新潟&長野は行くつもりがなくって、そもそも2017年は遠征しないつもりだったのですが、初日川崎の大トラブルで気が動転した勢いで遠征を決めました。いや、え、遠征じゃないんだ……心置きなく翌週の仕事に集中するために必要な工程だから、つまりイコール仕事なんだ……業務の一環であり、つまりこれは出張なんだ……(※気が動転しています)

使用した交通機関

そんな感じで行くことを決めたのがライブの2日前だったので、交通手段がかなり限られていました。
で、今回実際に使用したのは下記の手段です。

移動区間 交通手段 所用時間 金額
東京→新潟

上越新幹線・指定席

えきねっとトクだ値

2h5m 8,970
新潟→長野

高速バス(昼行便)

長電バス

3h30m 3,290
長野→東京

北陸新幹線・自由席

2h 7,680

お安い+楽で遠征ド定番の新幹線宿泊パックを使いたかったのですが、前日なので当然全部埋まっていました。
金曜日東京発の夜バスも全て埋まっていたので、おとなしく普通に新幹線を使うことに。

ちなみに、出張なのに経費では落ちませんでした(気が動転しています)。

東京→新潟:上越新幹線指定席(えきねっとトクだ値利用)

少しでも安くならないかなーと思って調べてみたら、JR東日本のサイト「えきねっと」経由での予約なら10%~15%割引になるというので、行きの電車は「えきねっとトクだ値」で予約しました。
直前だったのにあっさり予約できたのでホッとしました、よかった~。

北陸方面はいつもバスで行っていたので、上越北陸新幹線はさっぱりだったのですが、こんないい制度があったんですね。乗車日当日のAM1:40まで申し込めるし、発券してなければ直前まで変更も受け付けてくれるし、かなり好印象です。
ちなみに今回は直前だったので15%割引でしたが、乗車日13日前のAM1:40までは割引率35%のお先にトクだ値が使えるみたいです。間違ってたり変更になってたりするかもしれないから、詳細は公式を見てね。

そして、新幹線といえば駅弁!

西の方に行くときは、JR東海パッセンジャーズの最強酒飲み弁当「品川貝づくし」(味濃いめの貝が5種類みっちり詰まっていておいしい。これひとつ食べるのに缶ハイボールが2本空く)と心に決めているのですが、今回は品川駅発ではないので何にしようかなと悩み、最終的には新幹線のホームで目についた「国技館やきとり」にしました。

f:id:haru1207:20170327181534j:plain

アンモナイト(大)千秋楽でも食べられなかった国技館の焼き鳥……。

ビールがあんまり好きじゃないので駅弁のお供はハイボール派ですが、上越新幹線のホームでは残念ながら出会えず。じゃあビール買うか、ビール買うなら中山さん観に行くんだしスーパードライにするか、ということでスーパードライを買いました。

f:id:haru1207:20170327181558j:plain

おいしそうでしょ。おいしかったです。

もも3本、つくね2本が入ってこのお値段。冷めててもおいしかったし、駅弁にごはんを求めない酒飲みにとってはかなり好印象な駅弁でした。次もこれにしよ~。

ちなみに、品川貝づくしは東京駅でも買えるみたいです。探せばよかったかな?でも今回は焼き鳥がおいしかったので結果オーライ。

そして窓際に陣取って楽しみにしていた移動中の景色ですが、上越新幹線はほぼトンネルだったので、真っ暗でなにも見えませんでした……。大宮あたりまでは地上を走っているのですが、それ以降はかなり長い間トンネルが連続する区間になります。大宮までの景色は別にいいよー!旅感ないよー!(;_;)

電波も入らないので、黙々と本を読んでいました。

f:id:haru1207:20170327181619j:plain

新潟→長野:高速バス(昼行便・長電バス

新潟→長野は高速バス。
新潟の宿泊代(7,000円)と併せても、新潟→自宅で一泊→長野コースより安かった+意外に時間もかからなさそうだったので選択しました。

新潟駅付近の乗り場は、

  • 万代シティバスセンター
  • 新潟駅

の2種類。バスセンターは駅からそんなに遠くないのですが、近くもなく、歩いて15分~20分くらい。
ホテルを取る前にバスを取ってしまったのでバスセンターからの乗車を選んだのですが、結局ホテルは駅の近くだったので、朝からテクテク歩きました。でも知らない町を歩くのは楽しいのでOK。
人数的には、新潟駅前で乗ってくる人が多かったです。駅前の乗り場は普通のバス停っぽい感じなので、わかりやすい&のんびり乗れるのはバスセンターかな。駅前のバス停に書いてあった番号は16でした。

予約メールには「発車15分前には乗車場所にいるように」との案内があったのですが、長距離バスみたいにスタッフさんが待ち受けていて確認を取って、みたいな手順はなし。ごく普通のバスターミナルみたいな感じで、案内板を見て長野行のところでぼんやり待っていたらバスが到着、降りてきた運転手さんに名前を言って乗るスタイルでした。高速バス用の待合室がありましたが、外が見えない+スタッフさんが声を掛けてくれるわけではないので、わたしみたいにボーっとしている人間はあそこで待っていたら乗り損ねそう。

お手洗いは車内後方にありましたが、公式サイトを確認したところ、ない車両もあるのかな。
そうそう、高速バスとしては短めの移動距離なのに、各座席に電源が完備されていて嬉しかったです。今後新潟長野間を移動するときは、またこのバスを使うと思う。

行きの上越新幹線も帰りの北陸新幹線もトンネルばかりで風景がぜんぜん楽しめなかったので、このバス移動は想像以上に楽しかったです。雪景色にはしゃいでしまいました。

f:id:haru1207:20170327181938j:plain

f:id:haru1207:20170327181913j:plain

f:id:haru1207:20170411164526j:plain

途中、とても久しぶりに丸い虹が見えて嬉しかったです。
写真だと微妙だけど、実際の色合いはもっとはっきりしていて、とてもきれいでした。

外を眺めつつ本を読みつつ過ごしていたら、体感時間としてはかなり短時間で長野に着きました。途中休憩は1回、15分だったかな。わたしは出ていないのでよくわかりませんが、山中のSAでした。

f:id:haru1207:20170327182013j:plain

道中は完全に雪景色でしたが、新潟も長野も市街は雪もなく気温もそこまで低くなく。東京と同じ格好でうろうろしてもそんなに寒くなくてよかった。

長野→東京:新幹線自由席

長野→東京は「えきねっと」じゃなくて普通に駅で自由席切符を買いました。
これは、ライブ中に焦ったり、あるいは終演後に時間を持て余したりしたくないから。

結果的に、終演から2時間弱経過した21時半頃長野駅を出る新幹線を利用しました。日曜日の遅めの時間だからかな、自由席は余裕で空いていたのでのんびりくつろいで帰れました。
お酒を飲んだ後だったので、帰りは駅弁やお酒を買わずにお茶だけ買って乗車。お茶を舐めつつうとうとしてたら、いつの間にかの東京でした。

ごはんの記録

食べたものについて。

新潟のごはん

お昼は焼き鳥とビールでわりとおなかいっぱいだったのでパス。

夜は、ライブ終演後に「すしダイニングやまざき」に行きました。
予約なしでサッと入れて一人でも長居できそうなとこがいいので、だいたい駅からちょっと離れた流行りすぎていない大箱になるのですが、ここもそんな感じ。駅から歩いて5分くらいかな?歓楽街ぽいエリアの雑居ビル2Fにありました。

新潟に来たからには日本酒とお寿司はクリアしなければいけないと思って、お寿司も出してくれる居酒屋を選択。ガチのお寿司屋さんは閉まるの早い+一人だとカウンターになって本読んだり携帯いじったりしづらいので除外しました。

ここもカウンターに案内されましたが、本を読み始めたら話しかけないで放っといてくれたので居心地がよかったです。

f:id:haru1207:20170327181651j:plain

ホタルイカ。春だ~。
酢味噌とポン酢が選べて、酢味噌がいいな~と思ったのですが、あいにく切れてしまったみたいでポン酢に。でもポン酢もおいしかったよ。ホタルイカ好き。

f:id:haru1207:20170327181754j:plain

海鮮茶わん蒸し。お出汁おいしい。

f:id:haru1207:20170327181807j:plain

お寿司はあんまり新潟っぽいネタがなかったので、ちょっとしくじったかな……と思いました。
でも、夜遅かったのに結構きれいな光り物をいただけたからいっか。しめ鯖とアジとカツオを食べました。しめ鯖は浅めに〆てありました。しゃりは小ぶり、口の中にほどける感じは好みでした。

日本酒を三合それぞれ違う銘柄でいただいたのですが、あっさり名前を忘れました。写真撮らないといつもこれ。いつまで経ってもお酒の名前を覚えられないです。でも、全部日本海側のお酒っぽいすっきりさらっとした感じでおいしかったです。

22時くらいに「やまざき」を出て、せっかくだしもうちょっと日本酒飲みたいな、と思って、以前新潟に来たとき行ったおにぎり居酒屋さんを探しました。ごはんはちょっと柔らかめだけど、おいしいおにぎりをおつまみに日本酒が飲めて、しかもおにぎりは持ち帰りもできたはず……!

検索してみると「やまざき」の近くに「おにぎり専家 ぬくもり屋」があったので、ここだったかなと思って足を運びました。
お店の前に着くと「なんか記憶と違うような……?」という気がしてきましたが、店員のお姉さんがすごい勢いで「どうぞ!」と招いてくれたので、そのまま店内に。
接客は全員女の子、そしてすげーうるさい。中学校の女子バレー部みたいなノリだった。

f:id:haru1207:20170327181825j:plain

f:id:haru1207:20170327181851j:plain

日本酒と卵焼きを頼んでちまちま飲みつつ、お酒はすぐなくなっちゃったので次のものを頼んだのですが、一向に出てこず。オペレーションダメダメだし店内狭いしうるさいし、うんざりしちゃったので卵焼きを食べてすぐに出ました。居酒屋っていうよりは田舎の安いキャバクラみたい。賑やかなのが好きな人ならいいのかな?
初めて飲んだ山廃仕込みの鶴齢はおいしかったです。薄い錫の舌触りもよかった。

で、やっぱり前行ったところここじゃないよね?と思ってもう一回調べてみたら、やっぱり違った!前行ったのは「おにぎり処・酒処居酒屋 ゆた」でした。次からは間違えずにこっちに行こう……。ゆたはおっちゃんがやってるお店で、のんびりできるいいとこ。入れないかな?と思って覗いてみましたが、23時まででした。残念、、

お酒飲みたいなと思ったのに飲めなくてかなしかったので、ホテルに戻る前にコンビニで八海山のカップ酒を買ってお風呂で飲みました。酒じゃ酒じゃー。次の日は案の定むくんでいたけれど、新潟でお酒でむくむなら本望です。

長野のごはん

バスで13:30頃長野駅前着。
駅で新幹線の自由席の切符を買ってから、バスの中で調べた駅ビル内の「明治亭」に行きました。目指すはソースカツ丼

人気店ぽいけど通し営業だったので、お昼の時間帯をずらせば大丈夫でしょ、と見込んでお店へ。14時前はまだちょっと人がいて10分くらい待ちましたが、食べている間に空席もできてきたので、15時くらいならサクッと入れるのかな。

f:id:haru1207:20170327182034j:plain

お目当てのソースカツ丼
肉が200gも乗っかってるよ~すごい。ごはんの上にはキャベツがみっちり。
ごはんは少な目にしてもらいましたが、それでもかなりおなかいっぱいになりました。わたしは女性平均からするとかなり食べる方なので、あんまり食べられないな……て人は少な目より少なくしてもらった方がいいのかも。

がっつり甘く濃い味付けで、ハイボールが合う合う。これは飲むでしょ。

最後の方は口の中が甘ったるくなっちゃって苦戦しましたが、卓上にあった七味をかけてみたら、これがおいしくて。辛いだけじゃなくて風味が豊かな七味で、かなり味の印象が変わってびっくりしました。からしより七味のがおいしかったかな。

ので、ソースカツ丼を食べたあとに自分用のお土産で買いました。
同じビルのひとつ下の階に、この七味のお店もありました。「根元 八幡屋礒五郎」というお店の七味だそうです。

f:id:haru1207:20170327182325j:plain

これはなくなったら通販で買う~。ほんとおいしかったです。

無事にソースカツ丼を食べられたので、開演まではコーヒーを飲んでぼんやりすることに。
内装が気になる+落ち着けそうな、ジャンクボックス近くの「カフェ・ド・パリ」に行きました。

f:id:haru1207:20170327182129j:plain

ピシッとした黒いパンツ姿のお姉さんが、お一人で回していらっしゃいました。
ひとり客だったのに広いテーブル+ふかふかのソファを使わせてもらえて嬉しかった。

コーヒーはロースト強めのアメリカンな感じ。
好みとは違うんだけど、丁寧に淹れられているし、器も可愛らしくてテンションが上がりました。カップを持ち上げた瞬間に、ふわりと漂う香ばしいかおりがたまんなく好き。

f:id:haru1207:20170327182148j:plain

f:id:haru1207:20170327182207j:plain

帰りには「ホワイトデーが近いので」とクッキーをくださいました。嬉しい。

長野に行くならまた行きたい、のだけれど、このときは近くのテーブルに同じくジャンクの開場待ちと思われるオタクっぽい海月4人組がいて、その人たちが品のない噂話をひたすら繰り広げていたのがしんどかったです。噂話でニヤついている顔、吐き気を覚えるレベルで醜くてゾッとする。ああいう村社会っぽい現場を見るたびに、通いすぎるとろくなことがないなーって思っちゃう。今回勢いで新潟と長野に行ったことは後悔していないけれど、遠征しまくって全通半通が当たり前みたいな集団と関わりたくないし、同じになりたくないなとも思いました。常連組がみんなああいう人たちだとは思わないけどね。

終演後は、長野の郷土料理が食べたいなーと思って「信州長屋酒場」に行きたかったのですが、生憎の満席。
終電はまだまだ先だったので、駅回りをふらふら歩いて、きれいめで入りやすそうだった「だいだらぼっち」に入りました。比較的空いていた上に、ひとりだったけど「カウンターと個室どちらがよろしいですか?」って訊いていただけたので、遠慮なく個室にしてもらいました。気楽~。
1杯だけ飲んで1時間弱先の新幹線に乗るつもりだったのですが、頼んだお酒が一合なかったらしく、途中まで(といっても八割はあった)注いだ状態で「お代は結構ですから」と言って出してくださって……。嬉しい。そしてこれは1杯では帰れない。やむを得ない。仕方ない。不可抗力だよね。ということで、新幹線はもう2本先のものにして結局また三合飲みました。笑

f:id:haru1207:20170327182228j:plain

お通しはホタルイカの沖漬けと野沢菜
しょっぱめの味付けでおいしい、お酒がすすむ~。信州のお酒って初めて飲んだけど、透明感があってさらりとしていて、めちゃ飲みやすいですね。いい意味で水みたい、おいしい。

f:id:haru1207:20170327182246j:plain

長野は馬刺しが有名らしいので、馬刺しも食べました。おいしい!
適当なお店に行くと、ちゃんと解凍されてないものとか出されるから、しっかり味が濃くてきれいな馬刺しを出してもらえて嬉しかった!つやつや。

f:id:haru1207:20170327182302j:plain

焼き物がおいしいというので、鶏肉も食べました。炭の香りがして、お肉自体も弾力があって、ぷりっぷりでおいしかったです。

長野、肉ばっかり食べてる……。翌週は野菜スープを飲んで暮らしました。

 

そんな感じで、突発だったわりには移動も食もいろいろスムーズに楽しめました。疲れたけど行ってよかった!

ライブ自体も楽しかったので、今後もたまには現地の食&お酒目当てで遠征したいな。行きやすいからって名古屋大阪仙台あたりに行きがちだけど、ごはん的には北海道北陸九州がやっぱりすきかな……。新潟はライブハウスも好みだったし。今年はもう遠出しないつもりだけど、来年はまたどこかに行けたらいいな~と思います。

この遠征の目的だったライブの感想たち

広告を非表示にする