NO MUSIC FIGHTER

ライブレポ90% CDレビュー10%

Plastic Tree|2017年春ツアー「念力発生」@横浜BAY HALL

増え続ける念力発光器とどう向き合うのか問題。

f:id:haru1207:20170321002242j:plain

2017/3/18
メジャーデビュー20周年“樹念”ツアー「念力発生」
at 横浜ベイホール
open 17:00 start 18:00
¥6,500(記念品付き)

セットリスト

  1. 1999
  2. フラスコ
  3. 本日は晴天なり
  4. 君はカナリヤ
  5. 退屈マシン
  6. サイレントノイズ
  7. creep
  8. 嬉々
  9. メランコリック
  10. スロウ
  11. 念力
  12. hate red, dip it
  13. マイム
  14. バンギャル
  15. さびしんぼう
EN1
  1. 藍より青く
  2. 春咲センチメンタル
EN2
  1. puppet talk

ライブの感想

とっても楽しかった!
セトリが少しずつ変わっていく感じ、万華鏡みたいですてき。フラスコinが嬉しかった……!

もうすぐ宇都宮なので、印象に残っている箇所だけサクサクと。

「フラスコ」。ほんっと大好きなので嬉しかった!聴けるだけで嬉しい曲のひとつなんだけど、この日は初めから演奏のテンションが高くて、メリハリがきいててめっちゃ気持ちいい音でした。イントロや間奏のパリッと引き締まった音と、Aメロやサビの煌びやかな柔らかい音の対比が本当に気持ちよかった。そこからのソロがまたたまんなくって、うう……これまでの流れを考えると2曲目はどんどん変わっていきそうだからフラスコはもうやんないかもしれないけど、どこかでまた聴きたい。ほんとよかった。

「本日は晴天なり」。うわあんまた聴けて嬉しい!「讃美歌」アウトは悲しかったのですが、晴天が入ってくるならそれでもいい!どっちもすき!
そしてライブ後に書いたメモに「晴天のBメロ」と書かれているのですが、この曲にBメロはないね……(・_・)たぶん1Aの後半か2Aのことでしょう。ギターがカッコよかったメモなんだと思うけど、メモ読んで混乱したせいで、なにがどうカッコよかったのかを忘れてしまった……。まあこの曲は全編通してずっとかっこいいに決まってるので、細かいことはいっか。
最後の “今日は塞ぎ込んで またすぐに 少しずつ描いてみよう” の部分、歌とギターがやわらかく絡みながら溶けるように消える感じがとてもすき。

「スロウ」。長野ではしっくりこなかったのですが、この日の演奏にはスッと自然に入り込むことができました。
ドラムの音がクリアに聴こえたのはかなり大きいかも。2Aの途中からドラムが入って空気が変わるところがめっちゃわかりやすいけど、この曲ってドラムが占める割合がかなり大きい気がして。イントロやアウトロ、Bメロのロールとかが、真四角になってしまいそうな曲に緩急を付けているように感じられるから。わりといつも「単調でつまんないな」と思って聴くことが多い曲だったのですが(すみません)、この日は静かながらも躍動する感覚があって引き込まれました。
アウトロのギターもすごくよかった。最後の歌とギターだけになるところ、シンプルなだけに少しでも乱れると気になっちゃうんだけど、一音一音丁寧に弾かれていて美しかった。職人魂を感じました、かっこよかったです。


「あバンギャルど」。「デュエット」じゃなかったよワーン。・゜・(ノД`)・゜・。という気持ちはありつつ、普段自分から聴くことはない曲なだけ、ライブで「あ、こんなフレーズ弾いてたんだ」てことに気づいたりして面白かったです。サビのギターの自己主張激しすぎて、有村さんよくこれをバックに歌ってるなと尊敬しました。ギターうるせー!!!(褒め言葉)

さびしんぼう」と「春咲センチメンタル」。どちらもメロディ重視のきれいな歌ものだけど、この日はこの2曲に強いバンド感を感じました。どちらも最初は有村さんだけの部分が続きますが、佐藤さんのカウントが響いて一気に楽器隊3人の音が入ってきた瞬間にバッと鳥肌が立って。なんかうまく言えないのですが、「ああ、バンドなんだなあ」ということが強く感じられる演奏で、胸に迫るものがありました。とくに「さびしんぼう」かな、本当に素晴らしかったです。

あとは「藍より青く」はしみじみといい曲だな〜と聴き入っていました。イントロの中山さんがじっくりがっつり聴かせてくれる音が大好き!ちょっとドヤ顔してるのがもーたまんなく可愛いです。笑
この曲のクリーンのアルペジオ、エバーグリーン感というか、キラキラした切ない青さが感じられて、アンコールにぴったりだなあと思いながら聴いていました。フロアにいると音が降ってくるみたいで、「浴びる」みたいな感覚でしあわせでした。

本日のマイム

有村さんが近づくと中山さんが自ら寄ってくる(くそかわいい)→竜「やると思うでしょ?」まさかの無視!→と思ったら、“もう解くのは無理でしょ” のとこでマイクを中山さんにグイグイ押し付けて歌わせようとする→明「無理無理!ほんとに無理!」
そこギター大変なとこなので勘弁してあげてください。笑

本日のパペット

【下手で】

竜「(挿絵のカラスが問うよ〜♩のあたりから完全に歌を放棄して)アキラが歌うぞ!アキラが歌うぞー!(さんざん煽ってからマイクを中山さんに差し出して)」
明「ハミング。(ちょう普通の棒読み)」
竜「それだけかよ!」

【以上全て、下手で】


上 手 で や ろ う よ !!!
正くん来てくれて嬉しかったけど!

パペットは最後の方で正くんと中山さんが楽器を交換していました。フライングVをかき鳴らす正くんがウルトラかっこよくて釘付け状態になっていたので、上記以外は下手で何が起こっていたのかよくわかりません。

この日はメンバー全員のテンションが高くて、ライブ中一度たりとも冷めることなく楽しめました。気合い入ってた、ほんとよかった。
有村さんは最終的にマイクスタンドを両手で持ち上げて、お立ち台を右足でバンバン踏みつけていてめっちゃこわかったです(笑)ありっくまさん……衣装は中山さんがくまさんなのに、振る舞いはありっくまさんがまじありっくまさん……。

MCうろおぼえがき

竜「今日は3連休の初日、サタデーナイトフィーバーです。……あ、これいま言うことじゃなかった!」
明「ここはさらっといくとこだよ」
竜「もともと言うべきだった場所でまた言います」
彼はこの日「3連休の初日、サタデーナイトフィーバー」という言葉を少なくとも5回は繰り返していました。笑

正「このツアーも脂が乗ってきました。20本中の4本目なんだけど、ここでこんなに脂が乗っているということは、最後の方は干からびているかもしれない(笑)今日来てよかったですね!」

竜「(正くんのめちゃテンション高いMCに対して)さっきまで一緒に赤いスイートピーを歌っていた人だとは思えませんね」

明「(念力の前に)今回これを配ったでしょ、念力発生器。念力発生器でいいんだよね?発生器の器という字は……」
フロア \発光器ー!/
明「え?」
フロア \念力発光器ー!!!/
明「あ!……発光器(笑)これを使ってください。使っても使わなくてもいい、なんて甘いことは言わない。絶対使ってください!」
はーい*\(^o^)/*
ローディーさんも上手袖でピカピカ光らせて振ってて可愛かったです。なかやまさんもギターないとこで振っていました、かわいい〜。
そして器という字は結局なんだったのでしょうか。

健「今日は川崎と同じ神奈川県。朝からみんななんも言わんけど気合い入っとって、この兄ちゃんたち気合い入ってるな!と思いました!」
竜「話してよかったのかわるかったのかよくわからないMCでしたね」

竜「(アンコールで)アンコールベイホール!……響きよくない?今おれのリリックが生まれた!」
明「次の新曲の歌詞にする?」
竜「1行目で “アンコールベイホール” 笑」

竜「今日はいい天気ですよね。おれは外歩いてないからよくわかんないんだけど。移動中は寝てた。横浜すきだから外でたかったけど云々」
明「それだけ喋って天気の話しかしてないよ」
竜「話してよかったのかわるかったのかわかんないのはおれだった……」
明「5分くらいの尺使って天気の話だけ」

竜「生粋のハマっ子って人はどれくらいいるんですか?けっこういますね。みんなパシフィコ横浜には行ったことあるんですか?」
フロア \あるー!/
竜「ない人は?(フロアにパラパラと手が上がって)そうなんですか。おれもないんですよ。毎年福山雅治を見に行こうかなって思ってるんですけど」
フロア (なぜ福山雅治?という沈黙)
竜「そういう一斉に苦笑みたいなのやめてください!」
竜「そしたら今度、おれとケンケンで……」
健「え、おれもですか?!」
竜「おれもです。2人でパシフィコまでの道を動画に撮りますから。迷子になったら困るし。……1時間くらいかかるかもしれないけど」

竜「ブラ男ー!!!!!」
フロア (?!?!)
竜「あっ違う!プラ男!すみませんなんか変態みたいに言っちゃって……プラ男ー!」
タイポはわかるけど、発声で間違えるとは……?

竜「ブラ女ー!いやだめだ怒られる……プラ女ー!」
アウトです有村さん(・_・)ふつうにやだ。

明「退屈マシンのギターソロのあと、数人がフゥ〜!て言ってるでしょ?」
竜「?」
明「ギターがギュイーンキャンキャンギュワーン!みたいになったあとにさあ……」
竜「おれから入るとこだ!」
明「そこで何人かフゥ〜!て言ってると思うんだけど、あれ数人だから言ってる方も言われてる方も恥ずかしいの。だからいっそ全員で言ってくれ!」
竜「おれ入りづらくない?!」
明「それも含めてやってほしい」
Ghostのブレイクみたいにすればいいのかな?がんばるー。

竜「(MCのあと振り返って、ベースアンプの横に佇んでいる佐藤さんを見て)なんかいい位地にいますね。見守る人みたいな」
明「アンプと同化してる」
佐藤さん、アンプと同化発言を受けて、すすすと膝をかがめてアンプと同じ高さになっててぎゃんかわでした。

竜「(ツアーの告知後に)じゃあここからは正くん」
6月横浜の告知は正くんから!
正「今回のツアーとはまた違った感じになると思います。曲だけじゃなくて、衣装とかも当時の感じを出せたら」
竜「実家に眠っている当時の衣装でやりますか!(中山さんに)ありますか?」
明「ないよ。本当の嘘の頃にはもうない!笑」

明「(パペット前に)あっ決め台詞思い出した!振り落とされんなよー!!!」
振り落とされんなよされるの嬉しい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°ついていくよー!!!

 

中山さんがたくさん喋ってくれて嬉しかったです。ステージ側も楽しいんだな、ということが伝わってくるパフォーマンスで、最初から最後まで幸せでした。

暗転後の押しのこと

久しぶりに開場で入って前の方で観たのですが、押しが凄まじくて、もう当分前には行かなくていいなってなりました。新潟も長野もぜんぜん押さなかったから、ちょっと嫌な気持ち。暗転したら突っ込んでいいみたいなの、なんとかならないのかなあ。他のアーティストのライブではこんな経験したことないので、わたしが行く範囲では、フロアがこんなみっともないのプラ関東だけだよ。恥ずかしくてやだ。また当分、スタンディングは後ろでまったりコースになりそうです。

2017年春ツアー「念力発生」別日レポ

広告を非表示にする