NO MUSIC FIGHTER

音楽の話と音楽じゃない話をしようよ

山下洋輔ニューカルテット@晴れたら空に豆まいて

f:id:haru1207:20170108035014j:plain

2017/01/06 fri
山下洋輔ニューカルテット
晴れたら空に豆まいて
open 18:30 start 19:30
¥4,000(お土産有りは¥4,500、お土産はカップの日本酒でした)

セットリスト

第1部

For David's Sake
やわらぎ
幻燈辻馬車
What is Free?

第2部

10th Thema
Elegy
Groovin' Parade
Kurdish Dance

EN

Take the A train

セットリストは下記tweetからお借りしました。

ライブの感想

2017年のライブ初めでした。
とっても楽しかった、行ってよかった。

昨年12月の「ひかりとまどろみ」で配られたスケジュールを見て、「あっ1月にここで山下さんのライブがある!行く!」と即決。新年一発目に山下さんのピアノが聴きたい!という理由だけで行くことを決めたので、前情報は他にはなんにもない状態。カルテットの詳細を理解しないまま、ふわっと観に行きました。
ら、山下さんはもちろんですが、他の方が非常に素晴らしくて。特にリズム隊にべたぼれ、めちゃくちゃ楽しかったです。

ドラマーの小笠原さん、幻燈辻馬車だったかなあ、ずっとクラッシュシンバルしゃんしゃん叩いてる曲があるんだけど、あんな華やかで喧しいはずの音が全然邪魔じゃなくて。間断なく鳴り続けているのに曲にぴったりと寄り添って一緒に走っていくようで、本当に美しかった。スネアもそう、うるさくなりそうな音色のものを叩いていても鳴りがきっちりと制御されていて、しなやかで気持ちよかった。聴いていてワクワクしてしまった、勝手に体が動くよね。

ベースもグッときました。5弦のエレキベース、決して音量は大きすぎないし、ソロパート以外は基本的に山下さんをじっと観ながらフォローしていくスタイルだったんだけど、それが細やかかつレスポンスがめちゃくちゃ早くて。ベースがバシッとサウンドの基礎を作っていてどんなシーンでも安心感があった。でも、どっしり感というのも違うかな、ユーモアを感じるような、軽やかで好きな音でした。で、だからこそソロの暴れっぷりも際立っていて、とても楽しかったです。
MCでは「朝から違うバンドのリハをしていたけれど、この現場も含めて、まともな曲を一曲もやっていない!楽しい!」と仰っていて笑った。

サックスの米田さんはビッグバンドなどをやっている方らしく、調和の取り方が綺麗な人だなあと思いました。4曲目の「What's is free?」は彼の曲。挑戦的なタイトルにふさわしいガッチャンガッチャンした曲で(笑)かと思えば主題は非常にポップ、すんなり入ってくる気持ちのいい音で、聴いていてめっちゃ楽しかった!Elegyではフルートを吹いていらっしゃって、多才……と震えました。

 

山下さんが晴れ豆について「変なところにある変な名前のライブハウス」「ジャジーな場所、とても好き」とおっしゃっていて、ちょっと嬉しくなりました。晴れ豆、いい場所ですよね。
この日は畳の日だったので、細長いちゃぶ台を囲んでお酒を飲みながら楽しんでいるご家族などもいらっしゃって、なんだかとてもよい雰囲気でした。ぜひまた晴れ豆でこのバンドを観たいなあ。山下さん以外の方の、他現場にも行ってみたい。

新年から大満足のライブでした。4月のソロコンサートも楽しみ!

 

f:id:haru1207:20170108035059j:plain

写真は晴れ豆の入り口ドアの正月飾り。華やかできれいでした。
今年もたくさんのよい演奏に巡りあえますように。

広告を非表示にする