読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO MUSIC FIGHTER

ライブレポ90% CDレビュー10%

bulb|tad6 birthday party@チェルシーホテル

ライブレポート Plastic Tree(個人活動)

2013/11/22 fri
tad6 birthday party
渋谷チェルシーホテル
open 18:00 start 19:00
¥3.500

出演アーティスト

  • TEARS OF THE REBEL
  • THE TEENAGE KISSERS
  • bulb

ライブ感想 

初めてのbulb。想像していたよりもずっとずっと格好よくて、楽しかった。

 

TEARS OF THE REBELはとてもノリやすいバンドで、演奏も安定していたのでぜんぜん知らなくても楽しめた。ロックバンドでノリやすいリズムといったらこれ、というのをちゃんと踏襲してくれるので、裏切られない。

THE TEENAGE KISSERSは基本ロックンロールなバンドで、格好よかった~。友だちがすっかりはまってしまって、終演後にCDを買っていた。また行く、と言っていたので、そのときはわたしも一緒に行きたいです。ボーカルの女性の声が金属的で、硬い声質なんだけれど、それがすごくよくて。途中でシューゲっぽい曲をやって、そのときは声にエフェクターをかけていたのだけれど、それもよかった。ドラムがもうちょっとな~という感じで演奏的には一バンド目の方がよかったのだけれど、でも単純にこちらの方が好みだった。また観たいなあ。

bulbは、マイスペースで曲を聴いたことがある程度の知識。最初に出てきたとき、フロント勢(ドラムは見えなかったからわかんない)が首から下げている電球がちかちかと光っているのだけれど、それが飛行石にしか見えなかったよ……。バルブ!(滅びの呪文)

演奏の安定感が、やっぱり格段に違う。リズムにきゅんとした。ギターにしてもドラムにしてもツインである意味があんまりないようなツインはつまらないなあと思うのだけれど、bulbはドラム二人の色が明確に違ってすごく面白かった。すっごく大ざっぱに言ってしまうと、Chargeさんが縦ノリでTAKEさんが横ノリみたいな。リズムと色合い、あるいはリズムと音階、みたいな、うーん、そんな感じ。うまく言えない。セットは見えなかったのでふたりがどういうことをしているのかちゃんとはわからなかったけれど、そんな印象を持ちました。

シラタマさんはすっごく可愛かった。もともと顔立ちや雰囲気がとても好みな人なのだけれど、それにだめ押しをされた感じ。喋り方や動き方も好き。

正くんは衣装がエロすぎてどうしていいかわからなかった……(※と言いつつガン見しています)網シャツにレザーベストだった……。髪もメイクも完璧で、お美しくていらっしゃって、ほんとうにもう、どうしたらいいのか……(※ガン見しています)

 

最後にセッションで、bulb+yukinoさん&武井さんで、ピストルズのno futureを。Chargeさんがベース、正くんがボーカルだった。チェルホだったからなのかな、ベタな選曲、それがすっごくよかった!武井さんがホールケーキ持って出てきたんだけど、それに長い蝋燭が4本、短い蝋燭が3本立っているのを見たときは吹きました(笑)

 

演奏後、正くんが何回も「GOD BLESS YOU!」って言ってくれて嬉しかった。最後にみんなでハッピーバースデーを合唱して、終演。すごく楽しかった!

広告を非表示にする