NO MUSIC FIGHTER

ライブレポ90% CDレビュー10%

COALTAR OF THE DEEPERS 2013/11/23@代官山UNIT

2013/11/23sat
COALTAR OF THE DEEPERS
代官山UNIT
open 17:30 start 18:30
¥3.500

セットリスト

silver world
C/O/T/D
Unlimber
prophet proved
dear future
zoei
wipeout
913
to the beach
guilty forest
Receive Assimilation
DL++
Submerge
Cell
No Thank You
DEEPLES
hyper velocity

EN

light of the world
aquerian age
silver world

EN2

fastest draw

 

ライブ感想

以前見たのがいつかよくわからないくらい前なので、とても久しぶり、そして2回目のCOTD。だからほとんど初めてみたいなもの。前観たときは曲もあまりわからなかったし「なんだこれ、わけわかんないけどくっそかっこいい!」って呆然としていたので、落ち着いて観たのは本当に初めて。

やっぱりかっこよかったです。終始楽しかった。音源で聴くよりも低音がごりごり響いてきてすごく好き。

寒くなるとnewaveが聴きたくなってここ最近ヘヴィリピートしていたので、prophet provedとhyper velocity聴けたのが嬉しかったです。

 

ざくざくと中山メモ。

だいたい笑顔。終始笑顔。ドヤァもアヒル口も半開きもまんべんなく。衣装は千プラで着ていたVネックのお姉さんTシャツによくわからん柄パーカー。使っていたギターは有刺鉄線と逆V。zoei~913だけが逆Vかな?ちょっと自信ないです。もうちょっと多かったかも。とりあえずほとんど有刺鉄線使ってました。

途中、ナラサキさんにデスボイスで「あ゛ぎら゛ー!」と叫ばれて「いやいや」みたいに笑ってたのが可愛かった。フロアと自分を交互に指さしたあと、ナラサキさんと自分を交互に指さして、腕で大きく×を作っていた。「いまこっち(フロア)から呼ばれているのであって、そっち(ステージ)から呼ばれるのは違うから!」みたいなニュアンス。くぁあわいかったぁ……。

また別のときに、おんなしように「あ゛ぎら゛ー!」ってナラサキさんに叫ばれてやっぱり照れ笑いをしていたのだけれど、そのあと立て続けにデスボイスで「ウェイクアーップ!」って叫ばれていて吹いた。しかも「あ゛ぎら゛ー!ウェイクアーップ!」が何回か繰り返された。やっぱり眠そうに見えるのね。

 

有刺鉄線、これまでどういうギターなのかいまいちよくわからなくて、乱反射東京が楽しめなかった影響もあってちょっと苦手意識が芽生えていたのだけれど、今日でそれが消えた。好きだな、と素直に思えた。よかった。

繊細な音の出るギターでした。ハイがとてもきれいに出る。細やかなニュアンスがすべて出るというか、繊細な、悪く言ってしまえば薄い音が出るのだけれど、今日はそれがすごくかっこよかった。

プラは基本的にウワモノが彼1人だからまた違ってくるのかもしれないけれど、ごりっごりの躍動感と自己主張溢れるリズムとがんがん重ねられるギターやキーボードの中にあると、とてもきれいに聴こえた。
いろんな音の中に混ざるんだけど埋没しない感じというか、なんと言えばいいのかよくわからないけれど、うーん。単純に、「あ、いまこれ弾いてんな」っていうのがちゃんとわかった。聴こえた。

どうしても線の細い印象があるので、あんまり荒々しい曲には合わないんじゃないの、とは思うけれど、あれで弾いたCellのソロはむっちゃかっこよかったです。

広告を非表示にする