NO MUSIC FIGHTER

音楽の話と音楽じゃない話をしようよ

toe, D.A.N|LIQUIDROOM13th ANNIVERSARY「toe × D.A.N.」@LIQUIDROOM

f:id:haru1207:20170805135859j:plain

2017/8/3 thu
LIQUIDROOM13th ANNIVERSARY
toe × D.A.N.」
at 恵比寿LIQUIDROOM
open 18:30 start 19:30
¥3,500

セットリスト(D.A.N.)

  1. Zidane
  2. SSWB
  3. Native dancer
  4. Time machine
  5. Navy
  6. 新曲
  7. Tempest

ライブの感想

両方好きなので楽しみにしていたイベント。どっちもリキッドに合うしね。
土曜日のプラ横浜が本当に凄まじくて、魂抜かれたみたいになっていて(笑)あの余韻を壊したくないな、という気持ちから行くかどうか悩んだのですが……この組み合わせのツーマンが観られる機会なんてそうそうないもんな、と思って足を運びました。

とてもいいライブでした、行ってよかった*1
ブッキングしてくれた人ありがとう。

まだ頭はちゃんと回らないので(笑)ほんとに簡単な感想だけ。
ついったで書いたことほぼそのままです。

D.A.N.

先行はD.A.N.。

観るのは5月の野音ぶりなんだけど、たった2ヶ月しか経っていないのに、リズム隊、とくにベースの音が太くうねって歌う超きもちいい音になっていてびっくりしました。
ここ最近いろんなイベントやフェスに出ているっぽいのは把握していたのですが、成長速度半端ないなと思いました。彼らは確かに若いけど、それにしたってすごい。鳴らした音がそのまま血肉になっている感じ、グッときた。

この日のベース、本当によくって。ボーカルとユニゾンになる部分は胸アツ。派手で技巧的なタイプのプレイヤーではないけど、ふとした瞬間にばっと前に出てきてメロを歌うのがほんと気持ちよくって。信頼できる屋台骨だなあと思いました。
彼らのステージは視覚的にもベースが真ん中、一本のやわらかく芯のある軸として楽曲の中心にあってちょーかっこよかったです。

あと、途中でトラブルで止まっちゃった新曲がめっちゃよかった!
ライブ後半、「新曲をやります」と披露された、スローテンポでノイジーな曲。どこかメランコリィな、ステージに引き込まれるような曲だったんですが、後半に向かって盛り上がっていくところで音が止まってしまって。「ちょっと待ってちょっと待って!」という声が響いて(超リバーブかかってた笑)演奏がストップして、「マジかよー!音が出ない!」と嘆く声。わたし一瞬、「SSWB」のPVの演出みたいな感じかな、声サンプリングして入れてるのかな、なんて思ったんだけど、いや普通にガチでしたね笑
リリースいつかな。あれ、止まらずに聴けてたら後半のたゆたって溺れるようなカタルシス凄まじかったと思うのでほんともったいないです(笑)でもよかったよ!

ここ最近の曲は比較的長尺の傾向にあって、彼らの音の夢見心地な部分、陶酔するような魅力が際立つから、これからも長い曲をたくさん書いてほしいです。もう30分くらいずっと同じ曲演奏し続けてほしい……D.A.N.のライブって時間感覚を失う瞬間があって、そのトリップ感がたまらなくすき。

照明もシンプルでよかったです。彼らのステージは、個々の顔が見えない夜みたいな暗がりとシンプルな白い光がよく合う。

1年半ぶりにリキッドで観たD.A.N.は、相変わらずこの箱との相性がよかったです。前回のイベントはガラガラでしたが、今回はtoeとのツーマンとはいえフロアもいっぱいで、景色もとてもよかった。いつかここで彼らのワンマンが観たいな。リキッドもD.A.N.も大好き。

toe

セットリスト全然覚えてない!
そもそも曲名をあんまり覚えてないんだけど(笑)覚えている方いらっしゃったら教えてください。

でも一発目は「グッドバイ」でした。この開幕とてもよかった。
D.A.N.が全体的にメロウなバンドだから、徐々にエモーショナルになっていく音が、ステージの空気を緩やかにtoeに塗り替えていくようで。グラデーションみたいで気持ちよかったです。夕焼けみたい。

終始エモーショナルで気持ちのいい演奏でした。
彼らの楽曲と演奏って、言葉はないのに強烈なストーリーを感じる部分があって。聴いている人間の思考や感情を衝き動かすような力があるから、今考えていることや感じていることを塗り潰されるんじゃないかという恐怖が少しだけあったんですが、全然そんなことなかった。押し付けがましくないからかな、純粋にリズムにのって体を動かして、ていうシンプルな聴き方で心から楽しめて嬉しかった。

ここ数年で音楽以外に対しても多用されるようになった「エモい」という表現、安易だし怠惰で嫌いなんですが*2toeはうん、エモいのよね……感情の熱量と圧が凄まじい感じ。圧巻でした、素晴らしかった。

 

緩く長く揺蕩うD.A.N.と刹那的で目まぐるしく情景の変わるtoe、両者の対比が素晴らしくて、それぞれの魅力がキラキラして見えた。
とてもいいブッキングのライブでした、楽しかった!

*1:toeとD.A.N.のことも、横浜の余韻のことも舐めてました。この日のライブは最高に楽しかったし、どれだけ楽しくても横浜の余韻はしつこく消えてません笑

*2:人によって内訳が全く異なる、どうとでも解釈できる言葉なので。もちろんあらゆる言葉はその性質を孕みますが、その解釈の許容範囲が広すぎて、使用している人がなにを伝えようとしているのか推察しづらい語句だなあ、と感じています。かわいいとかヤバイとかと同じ括りです。個人的には、便利だけど安易に使いたくないなあ、と思っています。あはれとかをかしも一緒!笑