読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO MUSIC FIGHTER

ライブレポ90% CDレビュー10%

Plastic Tree|2017年春ツアー「念力発生」@長野CLUB JUNK BOX

お水大好き地球人が演奏する、おやき的要素を持つ新曲とは。

f:id:haru1207:20170317123748j:plain

2017/3/12 sun
メジャーデビュー20周年“樹念”ツアー「念力発生」
at 長野CLUB JUNK BOX
open 16:30 start 17:00
¥6,500(記念品付き)

セットリスト

  1. 1999
  2. テトリス
  3. 本日は晴天なり
  4. 君はカナリア
  5. 退屈マシン
  6. サイレントノイズ
  7. creep
  8. 嬉々
  9. メランコリック
  10. スロウ
  11. 念力
  12. hate red, dip it
  13. マイム
  14. バンギャル
  15. さびしんぼう
EN1
  1. 藍より青く
  2. 春咲センチメンタル
EN2
  1. Puppet Talk

ライブの感想

新潟に宿泊したのち、高速バスで長野へ。
東京から新潟に行くときは上越新幹線を使ったのですが、トンネルが多くあまり旅情を感じられなかったから、このバス移動は楽しかった!途中の山は雪で真っ白だった。

長野に着いて、ごはんを食べてまったりしてから会場へ。
新潟は横長のフロア+観客がギュウギュウじゃなかったのであっさり前の方に行けましたが、こっちは狭い+観客もいっぱい、後ろでまったりと観ました。

終演後にメンバーの東京移動が控えているのでそんなに押さないだろう、と思っていたら、安定の20分押し開演。20分押すの当たり前みたいになってるけど、ほんとなんとかしてほしい。
そういえば今ツアーは開演前SEで延々とPortisheadの『dummy』がかかっているのですが、これは正くんの趣味なのかな。好きな曲がかかってると待ってるとき退屈しないので、一人のときとても嬉しいです。

印象に残っている曲をつらつらと。

「1999」。長野のセットリスト、けっこう曲の入れ替えがあったのですが、「1999」は固定みたいで嬉しいです。
初めて来た長野ジャンクは比較的音がもっさりしているというか、いわゆる典型的な「ライブハウス」って感じの音響だったので、ギターの細かいフレーズがちょっと聴き取りづらい。クリアなとこで聴くと(チッタもロッツもクリアめだよね)キラキラしてきれいなんだけどなー。
で、低音はよく聴こえたのでリズムを主軸に聴いてみたら、この曲のベースめっちゃかっこいいのね!という今さらな気づきが得られました。シンコペーションのシンプルなフレーズなんだけど、ギターとドラムが複雑に動き回るぶん、ベースの屋台骨感がすごくて、唸るようなグランジするような太い音色が最高でした。“新世界 点滅 何秒” ~のあたりもかっこよくてすき。

2曲目の「テトリス」。フロアの「はい」がめっちゃ揃っててすごかった。
1ABのギターがいい感じに軽薄でうるさくて好きなんですが、2Bはなんかめっちゃゴシゴシする感じの低音になっててカッコよかった。ゴシゴシ以外にどう形容すればいいんだろ、あの音……。前からこうだったっけ?ライブDVD見返そうかな。
この日のライブを見て、しみじみと「テトリス」は小箱に似合うよね~と思いました。きれいに整えられてお行儀のいい状態じゃない方が、ガチャガチャ鳴ってる方がカッコいい。

で、「本日は晴天なり」!うわ長野来てよかった……!
大好きなので、イントロが聴こえた瞬間にめっちゃテンション上がりました。
中山さんのコーラスがいい感じ。間奏のギターだけの部分とバンド全体で入る部分の対比がかっこよかった。

「サイレントノイズ」。実はこの曲はメロディがあんまり好きじゃないのですが、新潟長野と「サイレントノイズ」の起爆剤感にびっくりして、かなり印象が変わりました。新潟は2曲目、長野は6曲目でしたが、イントロが聴こえた瞬間にフロアの勢いが増す感じがしてカッコよかったです。
この曲がリリースされた昨年はあまりプライブに行っていないとはいえ、いちおう数回はライブで聴いてるのに、なんで今回こんなに印象に残ったのかなあ、ふしぎ。こうやって曲の印象が思いもよらぬところで書き変えられたりするから、ライブ通いはやめられないです。

「creep」。音源も大好きなんですが、ライブの方が好き!メインフレーズのビブラートがいななく感じ、ベタでど派手でめっちゃいい。「静かの海」でも思うんだけど、シンプルでベタなフレーズも、有刺鉄線だと渋さがあるというか、ケバくなりすぎずに制御されていてかつ派手みたいな印象があって好き。2年くらい前のわたしに、「大丈夫大丈夫、そのうち好きになるから。なかやまのギターだよ?」と教えてあげたい

「スロウ」。これはあんまりよくない意味合いの方で、なんかしっくりこないなー、と思いながら聴いていました。
音響がもっさりしているからかもしれないけど、緻密で端正な曲だから、ライブ、とくに「メランコリック」の後には向かないんじゃないかなあ。この位置は「静かの海」の方が好き。バラードではあるけれど、うねるようなダイナミズムがあるから、静かに聴いてはいるけどテンションはめっちゃ上がるもの。
後ろにいたからはっきりとは見えなかったけど、ジャズマス使ってた気がする。

「hate red, dip it」。短いよー!もっとイントロで煽ってよー!ギターで長々と煽られ続けるのがめっちゃ好きなんだよ……。ファイナルと見せかけたセミファイナルの中野は延々と煽ってくれるかな。

そして新潟の「デュエット」の位置に入れ替わりで入った「あバンギャルど」。なぜだ!!!( ;∀;)「あバンギャルど」より「デュエット」の方が圧倒的に好きなので、終演後はしばらく慟哭していました。わかるけど!小箱はあばんぎゃの方がハマるけど!でも!えーん( ;∀;)
マイムのあとに有村さんが喋り出した時点で、「え、もしかして次デュエットじゃない……?デュエットだったらたぶん無言で入るよね?」と思い、タイトルコールされた瞬間に「デュエットがあばんぎゃるどに・・・化けた・・・!( ;∀;)」となっていました。
とはいえ、フロアの一体感がすごかったので、後ろから見ていて圧巻でした。これはこの曲の強さだなーと。

あとは、新潟に引き続き春咲が気持ちよかったです。とくに2Bのキラキラしたはなやかな音。外は冬の気温でしたが、ライブハウス内は春めいた雰囲気でした。

「退屈マシン」「嬉々」「念力」あたりも鉄板でかっこよかったな。固定曲は回数を重ねるごとに勢いを増していく感じがあって、次ライブに行くのがもっと楽しみになる。

本日のマイム

「もう秘密~♪」で有村さんが寄っていく→中山さんがネックを持ち上げて後ろにきた有村さんを小突く→そのままぐいぐい押す→打ち勝つ

本日のパペット

「挿絵のカラスが問うよ♪」で有村さんが寄っていく→有村さんが中山さんの肩に腕を回して歌う→「答えて♪」でマイクを差し出す→中山さんが「ハミングー!」と歌う

この日の「ハミングー!」は絶叫ていう感じじゃなくて、穏やかめでほのぼのとしていました。

MCのうろおぼえがき

竜「こんにちは、水が綺麗な長野。お水大好き地球人です」
この人はなにを言っているんです……?

竜「照明がトラブったので、1分~5分ほどください。ここで話すことはもう決めてあるので、ゆっくり喋って時間を稼ぎます。」
以降、とてもゆっくりな喋りに。

正「さっき竜ちゃんがゆっくり喋っててそれがよかったから、おれもやってみます」
ちょっとだけとてもゆっくり喋るものの、すぐやめていました。

正「長野はおやきが有名ですね。さっき食べました」
フロア \ちょうだーい/
正「あげません(あっさり)あとでそれぞれ買って食べてね」
竜「そんなおやき的な要素もある曲をやります。クリープー」

健「みんな元気やね。長野ってこんなんでしたっけ?」
正「こんなんだったよね(フロアに向けて眩い笑顔)」

健「今回は念力発光器を配ってて。念力って曲で使うんですけど、なんかみんなマイムでも使ってますね?」
フロア \使ってるー!/
健「ナイスアドリブ!」
フロア \フー!/
川崎で自然発生的に使うようになって、新潟で定着、って感じでしたね。ピコピコ系の曲には総じて合うと思うので、「ピアノブラック」と「コンセント。」をやりましょう……やりましょう……。個人的には「デュエット」にも合うとおもうなー。あ、あと「ブルーバック」!「ブルーバック」で一面真っ青のひかり、ってとってもすてきじゃない?

明「(EN2でmac前でスタンバった状態で\喋ってー!/と言われて、オフマイクで)おれには役目があるんだよ」
竜「薬味?薬味があるんですか?」
明「そう、長野(蕎麦が名物)だから薬味が……。いや、役目があるから動けないんだよ!」
その一言に、有村さんがタッと駆け出して中山さんの横に膝をついてマイクを差し出す。TVの音声さんみたい(笑)中山さん笑ってました。
明「(マイクを通して)振り落とされんなよー!」
久しぶりに「振り落とされんなよ」いただきました!

竜「なにして遊ぶー?パ?」
フロア \ス!/(スラパンだと思って)
竜「ス?!え?!(中山さんを振り返る)」
明 違う違う、と手を振っている
竜「ス、じゃないんです!パ!」
フロア \パ、パペットトーク…?/
竜「それ!」
こんな感じのスタート。笑 EN2は可変枠みたいです。

 

この日はアンコールもすぐ出てきたし、MCもあまりダラダラすることなく終わりました。
単に移動だからタイトに動いてたってだけならいいんですけど、有村さんの体調が思わしくなかったのかな?とちょっと心配になりました。EN2で最初楽器陣だけ出てきて、佐藤さんがセンターで喋って繋いでたから。ゆっくり休んで……みんな健康でいて……(;_;)
わたしの人生設計では死ぬまでプラツリがステージにいることになっているので、よろしくお願いします。

会場について

仙台ジャンクと同じように、ファッションビル内にありました。
仙台が地下であるのに対して、長野は最上階の7階。
ロッカーもあるみたいだけど、数は少なくて小さい。クロークがあったのでそちらを使いました。クロークのサイズ、300円と500円で選べるのいいね!

あんまり特徴のないライブハウスらしいライブハウスな感じでしたが、(高層階ライブハウスにありがちな揺れとかもなかった。あれわりとすきなので逆にちょっと残念)スタッフさんの対応の丁寧さが印象に残っています。ロッカーやクロークのことをいろいろ訊いたのですが、親切に教えてくれて嬉しかった。
開演前、上手にペンライトが落ちてたときも、すぐ拾って持ち主を探してくれていたし、全体的にスタさんの仕事ぶりの丁寧さが印象に残りました。ありがとうございました。

蛇足:長野ごはんのはなし

長野にはスキーと蕎麦の印象しかなくって、蕎麦アレルギーの身で食べられる名物はあるのかなー?と疑問に思っていたのですが、いろいろあってよかったです。地方のおいしいものをたべることも遠征のだいごみだよね。

お昼はソースカツ丼だー!ばん!
f:id:haru1207:20170317124033j:plain

おいしい。お肉が200gも乗っていたよーすごい。
かなり甘い味付けだったので最後の方ちょっと苦しみましたが、卓上にあった七味がいい仕事をしてくれました。で、その七味がとてもおいしかったので、自分用のおみやげに買いました。

f:id:haru1207:20170317124218j:plain

これほんとにおいしかった。なくなったら通販すると思う。けっこう定番の長野みやげなのかな?辛いばっかりじゃなくて風味も豊かで、いろんな味がしておもしろかったです。香りもよかった~。

終演後は軽く飲んでから新幹線で帰りました。

f:id:haru1207:20170317124322j:plain

馬刺しー。馬刺しはいいよね、おいしいよね。長野は馬刺しも名物なんですって。
信州の地酒もおいしかったです。

今年は遠征しない!とか言っていましたが、やっぱり楽しいよね、遠征……。
いやでも、これ以上はもうしないよ!
※ただし名古屋は日帰りできるから遠征にはカウントしない。メトプラ行きたい~。

そして今回は突発遠征だったので無理でしたが、やっぱり遠征した次の日は有給を取るべきだと痛感。疲労困憊状態で月曜日を迎えて、しみじみとそう思いました。
でも、川崎でズタボロになったこゝろの平穏は取り戻したので、やっぱり新潟&長野に行ってよかったです。とっても楽しかった!

2017年春ツアー「念力発生」別日レポ